モデルとペーパー、描く空間を間違えた!でも大丈夫!2秒で修正完了♪

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
モデルとペーパー、描く空間を間違えた!でも大丈夫!2秒で修正完了♪のアイキャッチコマンド実行方法

レイアウトで絵を描いているとき、モデル空間で描きたかったのにペーパー空間で描いてしまった(その逆も)!

なんてことありませんか?

以下のコマンドを使えば一瞬で解決します。

手順

移動させたいオブジェクトを選択→コマンドラインにCHS(CHSPACE)と入力

または

コマンドラインにCHS(CHSPACE)と入力→移動させたいオブジェクトを選択

以上です。

コマンド名を覚えたら、とっても簡単ですね。

補足

誤った空間に描いたものをコピーして正しい空間に貼り付ける。これでも移動は可能ですが、手間も時間もかかります。尺度が異なるので尺度変更もする必要がありますしね。

ペーパー空間に描いたものはすべて1:1で描かれます。

それをCHSPACEを使用してモデル空間へ移動させると、モデル空間の尺度が適用されます。ペーパー空間で10mmで描いていたものは、モデル空間(例としてS=1:5とする)50mmとなります。

その逆も同様に表示されているサイズのまま、移動します。

簡単便利ですよね。コマンド名さえ覚えてしまえば!

コマンドラインに入力するのは…

CHS

CHS

CHS!!!

覚えていただけましたかね♪(しつこいわ!)

なにか一つでもお役に立てれば嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・