簡単! 基点コピーのやり方 ブロック編集・解除の解説もあり【AutoCAD】

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
基点コピーの使い方、ブロック解除・編集コマンド実行方法

図面の内容が増えれば増えるほど、バラバラだと編集するときに不便。
そんなときは、ブロックを活用しましょう!大丈夫、やり方はとても簡単です。

起点コピーの手順

以下に3パターン解説します。

手順その1

オブジェクトを選択
  ↓
右クリック
  ↓
メニューからクリップボードを選び、基点コピーをクリック
↓画像をご参照ください↓

クリップボードの基点コピーを選択

コマンドラインに「基点を指定:」と指示が出るので、基点にしたいところをクリック
これで、基点コピー完了

手順その2 先に基点コピーをクリックする方法

基点コピー(B)クリック
  ↓
コマンドラインに「基点を指定:」と表示
  ↓
指示通り、基点をクリック
  ↓
対象のオブジェクトを選択、Enterキーで完了

◎ブロックの貼り付け方
右クリックメニューのクリップボードを選択
  ↓
ブロックとして貼り付け(K)をクリック
  ↓
これだけでは、まだ動かせる状態
配置したい場所をクリックで貼り付け完了

手順その3 おすすめ! 一番はやい簡単な方法

オブジェクトを選択
  ↓
Shiftキー+Ctrlキー+C」で基点を指定すると、基点コピー

そして、「Shiftキー+Ctrlキー+V」でブロックとして貼り付け

ブロックの解除

解除したいブロック選択
  ↓
そして、分解をクリック

以上です。ホントにこれだけ!
ブロックからのブロックになっている場合は、その分分解をクリックすればOKです。

ブロック(内容)の編集

内容を変更したいブロックをダブルクリック
  ↓
「ブロック定義を編集」という画面が出る
  ↓
プレビューで編集したいブロックが表示(選択)されていたら、OKをクリック
  ↓
ブロックの編集画面(ブロック エディタ)に切り替わる
編集が終わったら、「ブロック エディタを閉じる(C)」をクリック
  ↓
以下のような画面が表示

AutoCADのブロック編集画面

「→変更を********に保存(S)」をクリックでブロックが編集した内容で保存可能
その下の「→変更を破棄し、ブロックエディタを閉じる(D)」をクリック
これで、編集はなかったことになります

貼り付けできないとお困りの方

図面Aで基点コピーしたものを図面Bに持ってこようとすると、ブロックで貼り付けができない!ということがあります。
こんなとき私は一旦、図面Aにブロックで貼り付けをします。そして、ブロックの状態になったものをコピーして、図面Bに持っていっています。
最適解ではないかもしれないですが、私は現状こうしてます。ご参考までに(^^♪

覚えてしまえば案外簡単です。編集しやすい図面にしておくと、自分にも他の操作する方にも親切ですね。

何か一つでもお役に立てれば、嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

この絵を反転させたい!鏡像(ミラー) やり方 AutoCAD
この絵を反転させたものが欲しい!というときがあります。そんなときに便利なのが、鏡像というコマンドです。あっという間に複雑な絵も反転させることができますよ♪鏡像の手順鏡像をクリックコマンドラインに「オブジェク...

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・