アイソメ図って何?AutoCADでアイソメ図を描くには

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
アイソメ図のアイキャッチ画像コマンド実行方法

アイソメ図は現場ではよく使われ、視覚的に理解しやすいです。
覚えるまで、少し混乱するかもしれませんが大丈夫です。
ゆっくり覚えていきましょう。

アイソメ図とは?

アイソメ図とは立体を斜めから見た図を表示する方法のひとつで,等角投影図のこと。X,Y,Z軸がそれぞれ等しい角度で,つまり120度間隔で見える角度で立体を投影する。アイソメトリック図の略

アイソメ図は、図面を見慣れていない方でも視覚的に理解しやすいと思います。
ただし上記の説明の通り、遠近法は無視なので実際の見た目とは異なります。
ご注意ください。

アイソメ図を描く前に

アイソメ作図をオンにすることでアイソメ図が描けます。
またこのとき、必ず直交モードもオンにしておきましょう。

アイソメ作図

直交モードもオンにしないと、アイソメ作図ができません。
また、線分を選択する前じゃないとアイソメ作図は選択できません。
事前にしっかりチェックしてくださいね!

アイソメ作図がオンの状態では以下の角度の線分を引けます。

左アイソメ平面選択→90°と150°のみ
上アイソメ平面選択→30°と150°のみ
右アイソメ平面選択→30°と90°のみ

アイソメ作図と直交モードをオンにしたら、上記の角度のみで線を引けるようになります。
90°の線で縦方向を、30°と150°で横方向と奥行きを表します。
百聞は一見に如かず!絵を使って説明していきます。

2Dの図面とアイソメ図の比較

とある配管を平面と正面から見た絵です。

平面と正面の配管図

左から立ち上がって、右方向にふって90°曲がって奥に向かって伸びていっている絵ですね。

これをアイソメ図にするとこんな感じです。

配管アイソメ図

上記の絵のようなアイソメ図を描くには…

右アイソメ平面を選択して上に伸ばす
  ↓
右方向へマウスを動かし、30°の線を描く
一旦線分終了
  ↓
左アイソメ平面もしくはアイソメ平面を選択する
150°の線を描く

以上です。
お分かりいただけましたでしょうか?
アイソメ図が描けたら、寸法も入れていきましょう。

アイソメ図の寸法の出し方

アイソメ図に長さ寸法と平行寸法を入れたものです。
こちらをスライド寸法に変身させます。

アイソメ図に寸法を入れた

スライド寸法の手順
メニューから、寸法→スライド寸法(Q)を選択
もしくはDIMEDITと入力

スライドしたいオブジェクトを選択

スライド角度を入力
もしくは画面上で指定する

これで、スライド寸法になります。

スライド寸法の編集

ちなみに私は、上の画像のように画面上で指示しています。
※このときアイソメ作図と直交モードはオンにします。

画面上でのスライドのさせ方
1点目を指定
  ↓
スライドさせたい方向へマウスを動かし2点目を指定
これでスライドできます

そのままでは、寸法のバランスがいまいちです。寸法の高さを揃えましょう。

見た目を整えるとこんな感じになります。

スライド寸法が完成した

寸法はどう出すの?という方へ。

アイソメで円を描きたいときはこちら

何か一つでもお役に立てれば、嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・