※必須 画層(レイヤー)の分ける!追加・編集のしかた

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
画層の追加と編集AutoCAD設定方法

たくさんのデータがある図面。これを効率よく編集するには画層を分ける必要があります。

以下に画層を分ける手順、編集方法等の説明をしていきます。設定は簡単だし、メリットがあるのでやらなきゃ損ですよ♪

画層の管理画面

画層プロパティ管理をクリック
またはLAYERと入力

画層設定画面

↑のような表示が出る
新規作成の場合は、

画層設定画面新規作成

四つ並んだアイコンの一番左(星マークみたいなやつ)をクリック

カーソルを合わせると、上の画像のように新規作成~と説明が出てきます。

画層の名前を編集

新規作成をクリックすると、画層1が追加される

画層設定名前変更

そのままでは分かりにくいので、編集する
編集できる状態(名前が青くなっている)なので、そのまま名前を変更

もし、他のところを触ったりしてグレーに戻ってしまっても大丈夫!
名前のところで右クリックするとメニューが出てきます。”画層名を変更”をクリックして名前を変えていきましょう。

右クリックされたら分かると思いますが、ここからでも新規作成が実行できます。

印刷設定

上の画像では印刷(プリンターのマーク)に赤い⊖(マイナス)マーク印刷無効がついている
これの状態では、印刷するときに反映されない

編集中の画層も印刷に反映させたいときはこのプリンターマークをクリック
  ↓
これで赤いマークが消え印刷すると出てくる

クリックするだけで簡単に切り替わります。

間違っても、すぐ戻せますので試してみてください♪

色を選択

画層の色選択

色を変えたいというときは、色の欄をクリックすると上の画像のように色選択が可能になる

お好みで色を変えてください。他のタブを押すと、より多くの色が選択できます。

ハッチングとグラデーションの記事で他のカラーパレットも紹介しています。

線種を選択

線種をクリックすると、このように線がいくつかでてきます。

必要な線種がない場合は以下の手順で追加しましょう。

ロード(L)をクリック
  ↓
線種を選択と出てくる
さまざまな線種の中から必要なものを選択して、OKで線種が追加される

画層の線種を選択

線の太さも同様にクリックすると、選択ができるようになります。印刷時にどのくらいの太さで出したら、分かりやすいかなどを考えて選択してください。

その他設定

電球マーク電球や太陽マーク太陽がありますね。どっちもクリックすると、印刷時や画面から非表示なります。

南京錠マーク南京錠をクリックすると印刷に反映はされます。でも、マーク通りロックがかかり編集ができなくなります。画面上でグレイアウトする感じですね。

これらのマークの存在を覚えておくと、必要に応じて使うと便利です。
このあたりにも画層を分けるメリットがあるんですね~。

画層の編集・削除

すでにあるものも同様に編集可能です。
また、この画層もういらないやとなったら、削除もできます。

不要な画層をクリック
  ↓
そして新規作成マークの一つ挟んだ隣削除(赤の×マーク)をクリック
もしくは名前のところで右クリックして画層を削除クリック

これで画層データが消えます。

ただし、現在選択中の画層と元から入っている画層、オブジェクトが残っている画層は削除できません。例え一つでも、オブジェクトが残っていると削除できませんのでご注意ください。

なにか一つでもお役に立てれば、嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

手書きで描くなら

トンボ(Tombow)
¥563 (2022/07/23 15:06時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・