複写・移動の方法 手順 AutoCAD LT

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
複写と移動の使い方コマンド実行方法

AutoCADで線や円などを、ある程度かけるようになった!次はこの絵を増やしたい!動かしたい!という場面が出てきますよね。

そんなときは複写と移動というコマンドを使用します。では、手順見ていきましょう。

複写の手順

複写複写アイコンをクリック
  ↓
コマンドラインに「オブジェクトを選択」と指示が出る
  ↓
コピーしたいオブジェクトを選択
  ↓
今回は線分をクリック

オブジェクトを複写中

起点を決めて、移動開始
マウスはオブジェクトを動かしたい方向へ動かす
  ↓
方向が決まったら、動かす距離を入力してEnterキーで完了

複写が完了した

10mm上に複写すると、このようになりました。1本だった実線が、2本に増えましたね
増やしたい距離を入力していると、複数オブジェクトを複写を続けることができます。

移動の手順

移動移動アイコンをクリック
  ↓
移動させたいオブジェクトを選択
  ↓
マウスはオブジェクトを移動させたい方向へ動かす
  ↓
そして、移動させたい距離を入力してEnterキーで完了

移動完了

複写と同様に上に10mm移動でこんな感じです。

※破線は今回の説明で、移動したときに元の位置がわかるようにするため設置しました。

最後に

最後に、私の普段行っている複写と移動の手順に触れていきます。

オブジェクトを選択
  ↓
右クリックで移動・複写を選択
  ↓
距離を入力

こちらの手順でも、複写&移動はできます。

右クリックで移動?と思われた方へ
オプション→基本設定→作図領域のショートカット メニュー(M)にチェック☑を入れるとショートカットメニューが表示されます。

また、複写も移動もどちらにも言えることですが

センターなど掴めるところを基点にする
  ↓
オブジェクトBのセンターまで移動させる

という方法もあります。

私は結構使っています。
バラバラに配置された円を、すべてセンターで合わせるということも簡単にできます。いろいろ、試して楽しんでみてください。

超便利☆回転と移動を同時にできるコマンド!
オブジェクトを移動させて、回転させてこれでも、いいんですがもっと簡単に処理したいと思いませんか?今から説明するコマンドを使うと、それらが一気にできちゃいます移動と回転を一度で!以下手順コマンドラインにALIGNと...

何か一つでもお役に立てれば、嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・