AutoCADで表を作る~Excelの表を張り付ける方法

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
表をつくるコマンド実行方法

必要項目をわかりやすく見せるには表が必要ですね。
それは図面でも一緒です。
AutoCADでの表の作り方を知らない!という方は、ぜひご覧ください。
以下の内容を読めば、AutoCADで表をつくれるようになります♪

AutoCADで表をつくるには

  • マルチテキストと線分を組み合わせて作成する
  • コマンドの表を使う
  • Excelの表をコピーしてくる

以上のパターンが考えられますね。
そのうちのコマンドを使ったものとExcelで作った表を活用する手順を以下に説明します。

コマンドの表を使う

表のアイコンをクリック
もしくTABLEと入力
  ↓
タイトル、見出し、データ
必要な項目と行・列数、幅などを指定してOKボタン
  ↓

表を挿入

表の枠組みが画面に現れるので、置きたいところクリック
これで表が配置される
  ↓
画面上に設置すると、一番上(タイトル)が編集できる状態
  ↓
内容をすべて入れれば表は完成!

表に文字を入力する

~表の編集~
・Enterキーで下へ
・Tabキーで横へ
・矢印キーで上下左右へ
・クリックで移動

表の同じマスに複数の行を作りたいときはAltキー+Enterキーで可能

Excelと操作方法がよく似ていますね。

表を選択する
青い三角マークを下方向と右方向に引っ張ってサイズ変更可能
左上の青い四角をクリックすると表を移動ができる
その他の2行目のを引っ張ると列ごとに幅を変えられる

Excelの表をコピー・貼付け手順

Excelの表

Excelから表をコピーしてくる

AutoCADの画面
メニュー▼編集(E)▼形式を選択して貼り付け(S)を選択

形式を選択して貼り付け

形式はAutoCAD LT図形を選択してOKボタン

AutoCAD LT 図形で貼り付け

画面上に表の枠組みだけ表示される
  ↓

表を貼り付けている途中

配置したいところクリック
これで貼り付け完了!

Excelの表をAutoCADに張り付けた

Excelの内容と連動させたい
「形式を選択して貼り付け」の画面で「リンク貼り付け」を選択
  ↓
あとは先ほどと同様にAutoCAD LT図形を選択してOKボタン
  ↓
貼り付ける位置を指定

※ただし「リンク貼り付け」の場合、内容変更ができません。
普通の貼り付けなら、文字の編集もできます。

表、Excelから持ってきた表のどちらも
ブロックのような形態になっており、ストレッチなどが無効
分解すると線分とマルチテキストになるので、コマンドを使って編集できるようになる

線分の引き方はこちら

マルチテキスト(文字)を入れるにはこちら

何か一つでもお役に立てれば、嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

Excelなど、パソコン操作を学ぶなら

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・