【AutoCAD】コマンド名・機能一覧☆早見表

あなたの検索履歴に合わせた無料広告
AutoCAD コマンド名、機能一覧表コマンド実行方法

以下に、コマンド名とその機能説明の一覧表を載せています。コマンド名が青くなっているものは、リンクより詳細な操作方法をご覧いただけます。

作図に関するコマンド

コマンド名(コマンド和名)コマンドの機能
ARC(円弧)AutoCADの円弧のアイコン3点を指定して円弧を作成
CIRCLE(円)円中心と半径を指定して円を作成
COPY(複写)複写アイコン距離と方向を指定してオブジェクトのコピーを作成
ELLIPSE(楕円)AutoCADの楕円のアイコン楕円または楕円弧を作成
EXTEND(延長)延長他のオブジェクトのエッジと交差するようオブジェクトを延長
LINE(線分)線分のアイコン直線セグメントを作成
MIRROR(鏡像)ミラーアイコン選択したオブジェクトの鏡像イメージのコピーを作成
MOVE(移動)移動アイコン指定した方向に指定した距離でオブジェクトを移動
OFFSET(オフセット)オフセットのアイコン同心円、平行な線、平行な曲線を作成
PLINE(ポリライン)2Dポリラインを作成
POINT(点)複数の点オブジェクトを作成
POLYGON(ポリゴン)ポリゴン アイコン正多角形の閉じたポリラインを作成
RECRANG(長方形)長方形 アイコン矩形状のポリラインを作成
SPLINE(スプライン)指定した点を通過または付近を通るスムーズ曲線を作成する
STRETCH(ストレッチ)ストレッチ選択窓またはポリゴンに交差するオブジェクトをストレッチ
TABLE(表)表のアイコン空白の表オブジェクトを作成
TRIM(トリム)トリム他のオブジェクトのエッジと交差するオブジェクトを切り取る
XLINE(構築線)構築線のアイコン無限長の線を作成

作図、修正に関するコマンド

コマンド名(コマンド和名)コマンドの機能
ADDSELECTED(選択オブジェクトを追加)選択したオブジェクトのオブジェクト タイプに応じた作図コマンを起動
ALIGNオブジェクトを他のオブジェクトに位置合わせする
ARRAYRECT(配列複写)矩形状配列複写のアイコン行、列、レベルの数を指定してオブジェクトのコピーを配置
BLEND(ブレンド曲線)開いた2つの曲線の端点間に接線スプラインまたはスムーズスプラインを作成
BREAK(部分削除)部分削除選択したオブジェクトの2点間を部分的に削除。または選択したオブジェクトを1点で2つに分割
BREAKATPOINT(点で部分削除)点で部分削除のアイコン選択したオブジェクトを1点で部分削除
CHAMFER(面取り)面取りアイコンオブジェクトのエッジを斜めに切断
CHSPACEモデル空間とペーパー空間の間でオブジェクトを移動
ERASE(削除)コマンド削除図面からオブジェクトを削除
EXPLODE(分解)複合オブジェクトを構成要素オブジェクトに分解
FILLET(フィレット)フィレット アイコンオブジェクトのエッジを丸めてフィレット
GRADIENT(グラデーション)閉じた領域または選択したオブジェクトの
グラデーションで塗り潰しを作成
HATCH(ハッチング)閉じた領域または選択したオブジェクトのハッチング パターン、または塗り潰しを作成
JOIN(結合)同タイプの複数のオブジェクトを、分断していない1つのオブジェクトに結合
MATCHPROP(プロパティ コピー)プロパティコピーのアイコン選択したオブジェクトのプロパティを他のオブジェクトに適用
REVCLOUD(雲マーク)雲マークのアイコン自由形状のポリラインを描いて雲マークを作成
ROTATE(回転)回転基点を中心にオブジェクトを回転
SCALE(尺度変更)尺度変更のアイコン選択したオブジェクトの比率を保持したまま拡大、または縮小

寸法、文字などを表記するコマンド

コマンド名(コマンド和名)コマンドの機能
DIMALIGNED(平行寸法記入)長さ寸法を平行に記入
AIMLEADEREDITADD(引出線を追加)既存のマルチ引出線オブジェクトに引出線を追加
AIMLEADEREDITREMOVE(引出線を除去)既存のマルチ引出線オブジェクトに引出線を除去
DIMANGULAR(角度寸法記入)角度寸法を記入
DIMARC(弧長寸法記入)弧長寸法を作成
DIMBASELINE(並列寸法記入)直前の寸法または選択した寸法の基点から、長さ寸法、角度寸法、座標寸法を継続
DIMCENTER(中心記入)円と円弧の中心マークまたは中心線を記入
DIMCONTINUE(直列寸法記入)直前に作成した寸法の寸法補助線から始まる寸法を作成
DIMDIAMETER(直径寸法記入)直径寸法記入のアイコン円と円弧に対する直径寸法を記入
DIMINSPECT(検査寸法)選択した寸法の検査情報を追加または除去
DIMJOGGED(折り曲げ半径寸法記入)円と円弧に対する折り曲げ半径寸法を作成
DIMJOGLINE(寸法線折り曲げ)長さ寸法または平行寸法に折り曲げを追加または削除
DIMLINEAR(長さ寸法記入)長さ寸法のアイコン長さ寸法を記入
DIMRADIUS(半径寸法記入)半径寸法記入のアイコン円と円弧に対する半径寸法を記入
DIMORDINATE(座標寸法記入)座標寸法を記入
DIMSPASE(寸法線間隔)寸法間隔アイコン長さ寸法または角度寸法の寸法線間隔を調整
MLEADER(マルチ引出線)マルチ引出線アイコンマルチ引出線オブジェクトを作成
MLEADERALIGN(マルチ引出線を位置合わせ)選択したマルチ引出線の位置合わせを調整
MLEADERCOLLECT(マルチ引出線をグループ化)複数のブロックを含むマルチ引出線を単一の引出線に再構成
MTEXT(文字)文字記入 アイコン1マルチ テキスト オブジェクトを作成
QDIM(クイック寸法記入)オブジェクトを選択し、一連の寸法をすばやく記入
TEXT(ダイナミック文字入力)文字記入 アイコン入力した文字を画面上で確認しながら文字を記入
TOLERANCE(幾何公差)公差記入枠に幾何公差を記入

その他設定

コマンド名(コマンド和名)コマンドの機能
DIMSTYLE(寸法スタイル管理)寸法スタイルを作成、修正
LAYER(画層プロパティ管理)画層と画層のプロパティを管理
MLEADERSTYLE(マルチ引出線スタイル管理)マルチ引出線スタイルを作成または修正

最後に

AutoCADのコマンドは、これですべてではありません。実際はもっと様々なコマンドがあります。
この記事では筆者が使っているもの、便利だと思うものをメインに載せています。やっぱこれも!という機能があれば順次追加していきます。

詳細の説明記事を作った場合もリンクを追加していきます。永久に未完成な記事になる予定です♪

何か一つでもお役に立てれば嬉しく思います。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

  

通信教育で回路設計を学ぶなら

コメント

タイトルとURLをコピーしました
・ ・ ・ ・ ・ ・